2007年01月30日

アユタヤ世界遺産旅行記

Wat Yai Chaimongkon templeタイの世界遺産のひとつ「古都アユタヤと周辺の歴史地区」を見にアユタヤに日帰りで行ってきました。アユタヤはバンコクから北へ77kmにあるアユタヤ王朝の都のあった町で、車で1時間程度かかります。今ではアユタヤ近郊には工業団地が多く建ち並び、日本の企業も多く進出しています。
アユタヤにはいくつものお寺や観光ポイントがあるので1日で効率良く観光するなら日本語ガイドのついた観光ツアーバスが便利。お土産物屋さんに立ち寄る回数が少なそうなのと我が家の近所のインペリアルクィーンズパークホテルでのピックがあったので今回はウェンディツアーを選びました。アユタヤ観光バスは人気があるらしく帰りがチャオプラヤ川のクルーズ船になっているものや遺跡のライトアップが見れるものなどもありますので、希望にあった観光コースが見つけられます。

アユタヤ観光ツアーバスを運行している会社
ウェンディツアー(今回利用しました)
パンダバス
スマイルツアー

選んだコースは一番オーソドックスなアユタヤ観光バス、往復バスで象乗り付でした。料金は1000バーツ、各寺院や王宮などの入場料、ビュッフェ形式のランチ、象乗り料金、ミネラルウォーター1本が含まれてました。朝一番出発で朝6:30集合でした。インペリアルクィーンズパークを出発した後、インターコンティネンタルホテルとサイアムシティーインを回ってアユタヤに出発。帰りもこの順序で帰ってきました。

観光したアユタヤの観光ポイント。クリックするとアユタヤの各観光ポイントの詳細に移動します。

むかっ(怒り) バンパイン宮殿での観光
むかっ(怒り) アユタヤ日本町跡での観光
むかっ(怒り) ワット・ヤイ・チャイモンコンでの観光
むかっ(怒り) 象乗り体験
むかっ(怒り) ワット・プラ・マハタートでの観光
むかっ(怒り) ホテルでのビュッフェ形式のランチ
むかっ(怒り) ワット・プラ・シー・サンペットでの観光


posted by タイ駐在員一家 at 01:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 2007年1月アユタヤ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

バンパイン宮殿での観光

朝8:00にバンパイン宮殿に到着、すでに観光客で一杯でした。ここは現在も別荘としてタイ王室に使われている宮殿で、夏の時期に王族がよく利用するそうです。王族が滞在している期間は見学は休館です。

Phra Thinang Wehart Chamrun中国様式の明天殿は中に入れますが撮影は禁止。謁見の間のタイルなどすべて中国からの資材で作られてるとのこと。どっかのおじさんが何で中国なのとの質問にガイドが「トウジキナドチュウコクガセカイイチ」と答えかけて、ふと客が日本人であることを思い出し「ニホンモセカイイチ」だとのたまわってました。すかさず「どっちが世界一なんだよ」と我が家の子供たち。とんびは鷹を生めないようです。

何ともいえない色彩のポルトガル様式の天文台は上に登れば宮殿を一望できます。明天殿などは展望台の上から撮影すると良い写真になります。


観光したアユタヤの観光ポイント。クリックするとアユタヤの各観光ポイントの詳細に移動します。

むかっ(怒り) アユタヤ世界遺産旅行記
むかっ(怒り) バンパイン宮殿での観光
むかっ(怒り) アユタヤ日本町跡での土産物鑑賞
むかっ(怒り) ワット・ヤイ・チャイモンコンでの観光
むかっ(怒り) 象乗り体験
むかっ(怒り) ワット・プラ・マハタートでの観光
むかっ(怒り) クルンシーリバー・ホテルでのビュッフェ形式のランチ
むかっ(怒り) ワット・プラ・シー・サンペットでの観光


posted by タイ駐在員一家 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月アユタヤ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

アユタヤ日本人町跡での土産物鑑賞

Japanese Old Town in Ayutthaya王宮に続いてかの有名な山田長政で知られるアユタヤ日本人町跡を観光。なぜか石碑にはアユチヤと書いてあります。アユタヤ日本人町跡には遺跡と呼べるものはありませんで、本当に跡だけです。今は日泰協会が運営する土産物屋とアユタヤ歴史研究センター別館があるのみ。ガイドもお土産物屋に連れて行くだけ。多分日本人の土産物の説明の方が自分の遺跡についてのガイドより分かり易いとの配慮だと思われます。

Colors of Souvenir日泰協会も名ばかりで5分ほどのアユタヤ日本人町の説明の後はお土産物の説明ばかりです。ここの土産はバンコクより安いと連呼してました。彼の地で山田長政以上にがんばっている日泰協会、その商魂恐るべし。来年には日泰土産協会に名称変更とのうわさ、ないですね。バスに戻ってすぐにガイドが遺跡の感想も聞かずに「ミナサンオミヤゲカッタ?」には更にびっくり。やはりここは土産物がメインの観光ポイントのようです。皆さんお土産はここで買いましょうね。キックバックが増えれば観光バスの料金も値下げになるはずです。我が家も在タイ中は毎週ここにお土産を買いに来る、わけないです。

遺跡観光よりお土産探しが好きな人や昔懐かしいキックバック付土産物屋ツアーが好きな人におすすめです。


観光したアユタヤの観光ポイント。クリックするとアユタヤの各観光ポイントの詳細に移動します。

むかっ(怒り) アユタヤ世界遺産旅行記
むかっ(怒り) バンパイン宮殿での観光
むかっ(怒り) アユタヤ日本町跡での土産物鑑賞
むかっ(怒り) ワット・ヤイ・チャイモンコンでの観光
むかっ(怒り) 象乗り体験
むかっ(怒り) ワット・プラ・マハタートでの観光
むかっ(怒り) クルンシーリバー・ホテルでのビュッフェ形式のランチ
むかっ(怒り) ワット・プラ・シー・サンペットでの観光


posted by タイ駐在員一家 at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 2007年1月アユタヤ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

アユタヤ世界遺産旅行記 ワット・ヤイ・チャイモンコン寺院編

バンコクからのデイトリップでアユタヤの世界遺産に行ってきました。

バンパイン宮殿
アユタヤ日本町跡
ワット・ヤイ・チャイモンコン寺院
象乗り体験
ワット・プラ・マハタート寺院
ホテルでのビュッフェ形式のランチ
ワット・プラ・シー・サンペット寺院
を巡ってきました。

ワット・ヤイ・チャイモンコン寺院編です。

アユタヤ日本人町跡を後にしてワット・ヤイ・チャイモンコン寺院へ向かいました。

Big Reclining Buddha, Thailand

ワット・ヤイ・チャイモンコン寺院の有名な涅槃大仏。

Reclining Buddha at Wat Yai Chaimongkon temple

大仏の顔に金箔を付けていました。何かのご利益があるようです。

Wat Yai Chaimongkon Temple, Thailand

石像の仏様が一列に並んでいて見事です。

DSCN1575.JPG

ストゥーパ(仏塔)の中に入ります。

Wat Yai Chaimongkon Temple, Thailand

暗いストゥーパの中にいた仏様。如来なのか菩薩なのか??

Wat Yai Chaimongkon Temple in Ayutthaya, Thailand

ストゥーパを守るように壁一面に整列しています。





゜:*★タイのオプショナルツアー予約Alan6.net★*:°

posted by タイ駐在員一家 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月アユタヤ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。