2007年01月07日

ンガイ島(ハイ島)でのシュノーケリング

Beach at Ngai Island, Thailand

宿泊していたコ・ンガイ・リゾートの目の前のビーチでシュノーケリングしましたが、ここのビーチのサンゴ礁がものすっごかったです。魚もいっぱいいて滞在中ずーっとシュノーケリングしてましたが全然飽きませんでした。っていうかダイブセンターがクローズしていてダイビング出来なかったんです。

Underwater at Ngai Islandビーチからエントリーして10mも泳ぐとサンゴ礁エリアです。沖に向かって左側のジェッティ桟橋近くにはブルーコーラルの群生エリア。満潮でも超シャローな浅瀬ですので間近にサンゴや魚が見られます。

Underwater at Ngai Islandブルーコーラルの群生を沖に向かって右に進むと茶色い枝サンゴの群生が広がります。このエリアは枝サンゴの上や間を色んな種類の幼魚が動き回っています。ミナミハコフグ、ヤスジチョウチョウウオなどの幼魚がいました。

Underwater at Ngai Islandサンゴの群生エリアを沖に進んでいくと10mから20m程度のドロップオフになります。ドロップオフのあたりには赤色が鮮やかなブラックコーラルやノッテドファンコーラルも見られます。ドロップオフまで来ると群れの魚も見えてきます。キンセンフエダイやコラーレバタフライフィッシュなどの群れは壮観です。

滞在中毎日シュノーケリングしてましたが、ンガイ島では本当に多くの種類の魚を見ることが出来ました。チョウチョウウオ系ではアンダマンバタフライフィッシュ、コラーレバタフライフィッシュ、ミスジチョウチョウウオ、ヤスジチョウチョウウオ、ミカドチョウチョウウオ、ハタタテダイ。クマノミ系ではカクレクマノミ、スカンクアネモネフィッシュ、クマノミ。ハギ系ではパウダーブルーサージョンフィッシュ、ニジハギ。アイゴ系ではマジリアイゴ、ジャワラビットフィッシュ。スズメダイ系ではオヤビッチャ、デバスズメダイ、レモンダムセル。フグ系ではコクテンフグ、ミナミハコフグ成魚・幼魚。アンダマンスイートリップ、オニカマス、カスミアジ、ワヌケヤッコ、ゴマモンガラ、ツノダシ、ウツボ、シマウミヘビ、ウミウシ、ロブスター、カニなどなど。

ダイバーにもノンダイバーにもお勧めです。

1.ンガイ島(ハイ島)への行き方
2.コンガイリゾートでの宿泊
3.コンガイリゾートでのガラディナー&カウントダウン
4.ンガイ島(ハイ島)でのシュノーケリング


ご参考
コンガイリゾートの公式サイト日本語
ンガイ島(ハイ島)のホテルが予約できるサイト






posted by タイ駐在員一家 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ンガイ島で見られるクマノミの仲間

ンガイ島(ハイ島)ではニモでおなじみ人気者のクマノミの仲間がシュノーケリングで見れました。すごい。しかもクマノミ3種もいました。クマノミ、カクレクマノミ、スカンクアネモネフィッシュ。

Clownfishニモでおなじみのカクレクマノミ。ドロップオフの手前のイソギンチャクにいます。見たのは3家族、それぞれ3〜4匹で暮らしてました。水深が浅いので太陽の光が良く届き、ダイビングで見るよりオレンジの体色が鮮やかに見えます。

Clark's Anemonefish恥ずかしがり屋の多いクマノミの中で結構、活動的なのがクマノミ。共生しているイソギンチャクから離れて泳いでいることも多いので見つけやすいです。クマノミも3家族しました。





posted by タイ駐在員一家 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ンガイ島(ハイ島)への行き方

Koh Ngai Island, Thailand

年末年始の休暇でタイ国内のンガイ島に5泊6日で旅行してきました。ンガイ島はタイ南部のプーケット県、クラビ県の直ぐ南のトラン県にある離島リゾートで、英語名ではハイ島と呼ばれています。トランは日本ではなじみがありませんが、プーケットやクラビと同様アンダマン海(インド洋)に面したパクメンビーチなど多くのビーチリゾートがあり、タイ人には風光明媚な観光地として知られています。ここ数年でアマリなどのホテルチェーンの高級リゾートホテルも多くできています。トラン沖にはンガイ島の他にクラダン島、リボン島、ムック島など多くの海がきれいで宿泊施設のある離島があり、その中で最も便利で人気なのがンガイ島です。ンガイ島にはリゾートホテルからゲストハウス、キャンピングエリアまで様々なレベルの宿泊施設が10箇所程度ありまので、自分のタイ旅行スタイルに合わせてホテル・宿泊施設を選べます。

ンガイ島へは日本からバンコクに飛び、バンコクからトランへタイ国際航空系の格安航空会社ノックエアーの直行便で行き、トラン空港からンガイ島や他の離島への船が出るパクメンビーチまでは車で、パクメンビーチの船着場からスピードボートもしくは大型船でンガイ島に行くのが便利で早いです。

Nok Air Boeing 737バンコクからトランまではノックエアーの直行便が1日2往復しています。我が家はバンコク在住なのでノックエアーのタイ国内コールセンターで直接予約、コールセンターのオペレーターは愛想はないものの英語は堪能で問題なくフライト予約できました。ノックエアーでは小学生は大人と同じ料金になります。ノックエアーの機材は可愛らしいクマがペインティングされています。格安航空なので機内サービスの飲物ドリンクは有料でコーラが30バーツでした。座席シートの背もたれも薄く乗り心地は良くないですが、1時間のフライトなので問題ないです。

Trang Airport トラン空港は1日2便しか利用がないのにターミナルビルはサムイ島の空港よりデッカイです。タイ版無駄な公共事業って感じが漂います。

トラン空港からの車とンガイ島への船は宿泊したコンガイリゾートで宿泊予約と一緒に事前手配、空港からの車が600バーツ、ンガイ島までの船が300バーツでした。トラン空港には車や離島までの船を手配してくれる手配屋がいますので、事前予約なくても行けそうです。

トラン空港からパクメンビーチまでの所要時間はバンで40分程度です。途中鉄道のトラン駅のあるトランの街中を通って行きます。

Pakmeng Pier, Thailand ンガイ島への船はトラン沖の離島への玄関口となるパクメンビーチの船着場から乗ります。パクメンビーチの船着場はコンクリート製でしっかりした作り。周りにはお土産屋が並んでいます。

パクメンビーチの船着場からンガイ島へはスピードボートで20分、超近いです。船の往復は午前と午後の2往復で、午前がスピードボート、午後が大型船だそうです。ちなみに帰りはンガイ島発が午後でしたので大型船で所要時間45分でした。1月この時期はアンダマン海は最も海が穏やかなシーズンで行きも帰りも船は全然揺れませんでした。

ンガイ島へはコンガイリゾート内にある船着場ジェッティに直接到着、船から直接ホテルにチェックインできるのは便利で良いですね。

バンコクのスワンナプーム空港発9時25分の便で出てンガイ島に着いたのが12時半、総所要時間約3時間、ンガイ島は思った以上にアクセスが良いです。

1.ンガイ島(ハイ島)への行き方
2.コンガイリゾートでの宿泊
3.コンガイリゾートでのガラディナー&カウントダウン
4.ンガイ島(ハイ島)でのシュノーケリング

ご参考
ノックエアーの公式サイト
コンガイリゾートの公式サイト日本語






posted by タイ駐在員一家 at 23:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

コ・ンガイ・リゾート宿泊記

Koh Ngai Resortンガイ島(ハイ島)では宿泊施設がある東の海岸の一番南にある「コンガイ・リゾート」に5泊宿泊しました。宿泊予約はコンガイリゾートの日本語サービス(最近始まった?)で直接メールで予約。日本語でOKなのでスムーズでした。予約を入れたのが遅かったようでデラックスルームしか空いてませんでした。なぜかコンガイリゾートの公式サイトにある客室料金より安かったです。1泊ルームチャージ2400バーツ、大人2名朝食付き、プラス子供の朝食代が1名300バーツと年末年始のピークシーズン特別チャージが1泊600バーツでした。

ンガイ島にはここ以外に「コハイ・ファンタシー・リゾート」がきれいで便利そうでした。こちらはホテル予約サイトからもオンライン予約が可能だったのですが、我が家の子供たちにはプールが必須なのでネットでの評判などを調べ一番きれいそうでプールのある「コンガイリゾート」に決定。

むかっ(怒り)コンガイリゾートのゲストルーム

コンガイリゾートには下のクラスからスタンダード、デラックス、ビーチビュービラ、シービューシャーレ、ビーチフロントコテージ、ジュニアスイートルームと6タイプの客室があります。我が家ではデラックスに2泊、その後上のクラスに空きが出たので2クラス上のシービューシャーレに3泊しました。

Deluxe Room, Koh Ngai Resortデラックスタイプの815号の客室。2階建て1棟4室建の作りで狭い室内にはシングルサイズのツインベッド、エアコン、衛星放送付のテレビ、冷蔵庫、トイレ、温水シャワーが付いてます。アメニティー類はシャワーキャップと綿棒だけ付いてました。

800番台のデラックスタイプはリゾート内の一番高い所に建っていて、途中の坂道が急でめちゃくちゃ上り下りが大変。日頃の運動不足を解消したい人にはおすすめ。

Seaview Chalet, Koh Ngai Resort三日目から宿泊したシービューシャーレの608号室。1棟1室の作りで室内・ベランダ共にデラックスタイプよりやや広め。ベッドはセミダブル(クイーンサイズ)で他はほぼデラックスと同じ、にもかかわらず1泊4500バーツ+ピークシーズン特別料金600バーツの5100バーツと3000バーツのデラックスより2100バーツも高いです。ここでは海への距離で料金が大きく変わるのでご注意を。

むかっ(怒り)コンガイリゾートのビーチ

Beach, Koh Ngai Resortリゾート前のビーチは他に宿泊施設がないのでプライベートビーチ状態、水はとても綺麗でビーチからすぐサンゴ礁が広がっていてシュノーケリングが楽しいです。砂はやや白めでサンゴの欠けらや貝殻が多く裸足で歩くと足の裏が痛かったりします。ビーチには簡易サンチェアー?サンベッド?が置いてあります。デイトリップでトランから観光客も来ていたの見ました。日帰りでも楽しいと思いますよ。

むかっ(怒り)コンガイリゾートのスイミングプール

Swimming Pool, Koh Ngai Resortコンガイリゾートのスイミングプールはスライダーなどはありませんが小さいながらもこんな離島のリゾートにしては立派かな?プールサイドは狭くサンベッドの数が少ないので早めの場所取りをお勧めします。おかしかったのが二日目以降洗濯が間に合わなかったらしくビーチタオルの品切れが三日続いてました。ガラディナー同様プールにも金髪のスウェーデン人が溢れてました。日本人が珍しいらしく大人も子供も直ぐに下手な英語で話しかけてきます。スウェーデン人って社交的なようですよ。コンガイリゾートのスイミングプールではスウェーデン語が標準語と思われますので、出発前にはスウェーデン語を勉強していきましょうわーい(嬉しい顔)

むかっ(怒り)コンガイリゾートでの食事

Restaurant, Koh Ngai Resortコンガイリゾートにはレストランが2軒ありますが、メニューは同じです。どちらもオープンエアーで海に面しており気持ちが良いです。朝食はアメリカンスタイルのビュッフェ形式で卵料理、パン、フレンチトースト、パンケーキ、ソーセージ、ハム、サラダ、フルーツ、ジュース2種、コーヒー・紅茶にタイ風粥のカオトンやタイ風屋焼きそばなども付いてます。滞在中メニューは殆ど変わりませんでした。
ランチとディナーは同じメニューで、木曜日にはディナービュッフェも350バーツ?でありました。全般的に料理は美味しくはなかったですが、日本人におすすめなのはタイ風チャーハンのカオパッド、野菜と豚肉の炒め物のガランプリパッドムー、豚挽き肉チリ炒めのせご飯のガッパオムー、ビーフバーガーです。タイらーめんのバーミーナムはありませんでした。レストランのサービスもいまいちでオーダを取るのもチェックビン(会計)も待たされることがしばしばでした。

目の前にきれいなビーチ・海の広がるコンガイリゾートですが、あまり洗練されたサービスは期待できません。ビーチタオルの準備がなかったり、時間の掛かるレストランなど。ここでは多くのことを期待せず、のんびり休暇を過ごしましょう。


1.ンガイ島(ハイ島)への行き方
2.コンガイリゾートでの宿泊
3.コンガイリゾートでのガラディナー&カウントダウン
4.ンガイ島(ハイ島)でのシュノーケリング


ご参考
コンガイリゾートの公式サイト日本語
オンライン予約可能なコンガイ島(コハイ島)やトランのホテル一覧リスト
ンガイ島(ハイ島)のホテルが予約できるサイト




posted by タイ駐在員一家 at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

コ・ンガイ・リゾートでのガラディナー&カウントダウン

Gara Dinner at Koh Ngai Resort12月31日からの宿泊でしたのでガラディナーが必須でした。タイ料理と西洋料理のビュッフェ形式のガラディナーは大人2000バーツ、子供1950バーツと子供料金がめちゃくちゃ高かったです。プールとレストランの間の砂地にショーの舞台や食事のテーブルを並べ、星空の下での食事でした。

ビュッフェ形式のガラディナーは正直あまり美味しくなかったです。トランの名物料理のムーヤン(豚の丸焼き)は中々いけました。

Thai Classical Danceガラディナーにはタイの古典舞踊・民族舞踊などのショーも付いてました。ゲスト参加のビール一気飲み大会や子供の椅子取りゲームなどもあり結構な盛り上がりでした。ここで気がついたのですがなぜかスウェーデン人のゲストが多かったです。他にはフィンランドやオランダなど北欧からのゲストも目立ちました。ンガイ島は北欧では有名なリゾートらしいですわーい(嬉しい顔)

バンコクの爆弾爆破テロの第一報を聞いたのはガラディナーの最中でした。会社から電話で連絡が入った時には、まずはバンコクに居なくて良かったというのが感想でした。

New Year Fire Works0時にはニューイヤーカウントダウンと供に花火の打ち上げもありました。迫力のある花火が20〜30発打ち上げられてました。


1.ンガイ島(ハイ島)への行き方
2.コンガイリゾートでの宿泊
3.コンガイリゾートでのガラディナー&カウントダウン
4.ンガイ島(ハイ島)でのシュノーケリング

ご参考
コンガイリゾートの公式サイト日本語
ンガイ島(ハイ島)のホテルが予約できるサイト





posted by タイ駐在員一家 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

ンガイ島(ハイ島)で見られるお魚&海洋生物たち

ンガイ島(ハイ島)の周りはサンゴ礁で囲まれており、数多くのカラフルな熱帯魚に会うことができます。ンガイ島(ハイ島)で見られる魚や海洋生物を紹介します。

White-eyed Moray サビウツボ
浅瀬のサンゴ群生エリアで見かけました。西洋人はウツボが大好きなんですよね。

Great Barracuda オニカマス
巨大な1m超のオニカマスを見ました。

Clownfish カクレクマノミ
かわいくて大人気。コ・ンガイ・リゾートのビーチには3家族が住んでました。

Clark's Anemonefish クマノミ
コ・ンガイ・リゾートのビーチで3家族(コロニー)見つけました。

Skunk Anemonefish on Koh Ngai Island スカンクアネモネフィッシュ
日本では見られないかわいいクマノミの仲間です。

Bluegreen Puller デバスズメダイ
サンゴの上でものすごい数で群れていてとてもきれいです。

Sergeant Major at Koh Ngai Island オヤビッチャ
インド洋の定番のお魚です。浅瀬や中層で見かけます。

Chinese Demoiselle on Koh Ngai Island チャイニーズダムゼル
デバスズメダイ同様群れるときれいです。赤色のソフトコーラルの周りでよく群れてました。

Underwater at Ngai Island ヤマブキスズメダイ


Underwater at Ngai Island ミツボシクロスズメダイ


Underwater at Ngai Island ルリホシスズメダイ


Chevroned Butterflyfish ヤリカタギ
浅瀬のサンゴ群生の上を泳いでいるペアを良く見かけました。

Triangular Butterflyfish on Koh Ngai Island トライアンギュラーバタフライフィッシュ
浅瀬のサンゴ群生の上を泳いでいるペアを良く見かけました。ちょこまかしていて写真を撮るのが難しいです。

School of Red-tailed Butterflyfish コラーレバタフライフィッシュ
ドロップオフでコラーレ玉(群れ)を見ました。シュノーケリングでここまでの群れは中々見れません。

Lined Butterflyfish on Koh Ngai Island ニセフウライチョウチョウウオ
大型のチョウチョウウオの仲間です。

Andaman Butterflyfish on Koh Ngai Island アンダマンバタフライフィッシュ
浅瀬のサンゴ群生に小さい幼魚や若魚がいました。

Eightband Butterflyfish on Koh Ngai Island ヤスジチョウチョウウオ
その名の由来である体の8本のラインが特徴的なチョウチョウウオの仲間です。

Latticed Butterflyfish on Koh Ngai Island アミチョウチョウウオ
黄色の体色がきれいなチョウチョウウオの仲間です。深いところにペアでいました。

Underwater at Ngai Island ハタタテダイ
ツノダシに似てますがこちらはチョウチョウウオの仲間です。ペアでよく見かけました。

Blackback Butterflyfish on Koh Ngai Island アケボノチョウチョウウオ
あまり数はいないようですが浅瀬のサンゴ群落で見かけました。

Moorish Idol ツノダシ
熱帯魚の定番のお魚です。中層から深場にかけて単独で見かけることが多かったです。

Two-spot Snapper on Koh Ngai Island ホソフエダイ
ドロップオフで群れが見られます。

Large School of Bigeye Snapper キンセンフエダイ
ドロップオフで大きな群れが見られます。

Harlequin Sweetlips チョウチョウコショウダイ
深場にいるコショウダイの仲間です。

Powderblue Surgeonfish パウダーブルーサージョンフィッシュ
日本では見られないインド洋固有種のニザダイの仲間です。鮮やかな青い体色がとてもきれい。

Lined Surgeonfish on Koh Ngai Island ニジハギ
体のラインが派手なニザダイの仲間です。

Blackspotted Pufferfish コクテンフグ
コワかわいいフグの仲間。浅瀬のサンゴ群生で見かけました。「キョンシー」に似てますよね。

Cube Boxfish Juvenile ミナミハコフグ
浅場のサンゴ群生で見られました。幼魚は鮮やかな黄色の体色です。





posted by タイ駐在員一家 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月ンガイ島(ハイ島)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。