2006年09月18日

今年2回目のタオ島ダイブクルーズ

またまた、タオ島ダイブクルーズ旅行に行ってきました。
クルーズボートは前回同様、
サムイダイビングサービスとほうぼう屋が共同運航する
スクーバエクスプローラー号。

今回は8本、7ポイント潜りました。
チュンポンピナクル
ホワイトロック
ナンユアンピナクル&ケイブ
グリーンロック
ジャパニーズガーデン
ヒンウォンピナクル
それとセイルロック

今回セイルロックで潜れたので
タオ島3大外洋ダイブポイント制覇です。
ちなみにタオ島3大外洋ダイブポイントは
チュンポンピナクル
セイルロック
サウスウェストピナクル
です。

大物こそ見れませんでしたが、
初めてのセイルロック良かったです。
posted by タイ駐在員一家 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

スクーバエクスプローラー号の乗り方

今回のタオ島ダイブクルーズでは
サムイダイビングサービス、ほうぼう屋が共同運航する
スクーバエクスプローラー号に乗りました。

バンコクからサムイ島までは
バンコクエアーの最終便で1時間。

サムイ島チャウエンビーチの
PRゲストハウスに1泊。

朝ホテルで小型トラックにピックアップしてもらい
ビッグブッダビーチのフェリー乗り場まで20分。

タオ島ダイブクルーズ(2006年9月)3
フェリー埠頭からはビッグブッダ寺院が見えます。

タオ島ダイブクルーズ(2006年9月)2
タオ島行きのスピードフェリー。
きれいな桟橋です。ロンプラヤの桟橋とは大違いです。

タオ島まではスピードフェリーで2時間半で着きました。

タオ島ダイブクルーズ(2006年9月)5
シートラン号の内部。
シートはリクライニングしませんがゆったりしてます。

タオ島のメーハート港についたあとは
スクーバーエクスプローラー号のディンギーで
5分程で母船に着きます。

タオ島ダイブクルーズ(2006年9月)12
スクーバーエクスプローラー号のディンギー。
posted by タイ駐在員一家 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイルロックでのスキューバダイビング

セイルロックはタオ島とパンガン島の間にある
岩礁のダイビングポイント。
タオ島の3大外洋ダイビングポイントの1つ。

タオ島ダイブクルーズ(2006年9月)41

乗船2日目の午後に1本潜りました。

Yellowtail Barracuda
タイワンカマスの群れ。

School of Bigeye Trevally
ギンガメアジの群れ。

Talang Queenfish
オオクチイケカツオの群れ。

外洋のポイントなので魚の群れ、数はすごいです。

posted by タイ駐在員一家 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ヒンウォンピナクルでのスキューバダイビング

ヒンウォンピナクルはタオ島東側のダイビングポイント。

2日目の午前中に1本潜りました。
ここはマクロ派垂涎のダイビングポイントです。

Whip Coral Goby
ムチカラマツに透明なガラスハゼのペアがいました。
カメラを向けると反対側に逃げてしまうので撮影が大変です。

Gorgonian Shrimp
レアなゴルゴニアンシュリンプ。
タオ島周辺でも見つけるのは結構大変です。

縦になって泳ぐヨロイウオの群れ、
タオ島周辺ではここで初めて見ました。

ここでは他のタオ島のダイビングポイントに比べ
ソフトコーラルが多く群生しています。

Soft Coral
色鮮やかなソフトコーラルの一種、ウミトサカ。
タオ島周辺でもまとまって見れるのはここだけ。

Nudibranches
水色に黄色のイボが鮮やかなタマゴイロイボウミウシ。

このポイントは結構流れがあり、足が疲れるダイビングでした。

初めてのヒンウォンピナクルでのダイビングでしたが、
色鮮やかなソフトコラールあり、
マクロなガラスハゼ、ゴルゴニアンシュリンプありと
楽しいダイビングになりました。
マクロ派ダイバーにおすすめです。
posted by タイ駐在員一家 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

グリーンロックでのスキューバダイビング

グリーンロックはタオ島の北にあるナンユアン島の
東にあるダイビングポイント。
サンゴあり、砂地ありの何でもありのダイビングポイントです。

砂地のイソギンチャクにいるトウアカクマノミの一家。
タオ島のほかのポイントではあまり見られません。
ちょこまかしていて撮影が難しいです。

Living in the Bottle
砂地で見つけた空きビンにいたニジギンポ??

砂地で見かけるワンスポットダムセル

ムチヤギに生息するイボイソバナガニ
小さいし白いのでピントが合いませんでした。

スイムスルーできるケーブもあります。

タオ島定番の魚はここですべて見れます。

タオ島定番のセンジュイソギンチャクとハナビラクマノミ、
ジャワラビットフィッシュなど。

Double-Barred Rabbitfish
タオ島定番のヒメアイゴのペア。

グリーンロックにはゴマモンガラの主がいます。

Nudibranch
青色に黄色のイボがきれいなタマゴイロイボイミウシ

サンゴも色んな種類がいます。

グリーンロックはタオ島の定番から
マクロまで見ることの出来る万能なダイビングポイントでした。

posted by タイ駐在員一家 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュンポンピナクルでのスキューバダイビング

おなじみチュンポンピナクルは
タオ島の北西に位置する外洋のダイビングポイント。
最終日の朝の1本目に潜りました。
チュンポンピナクルでのダイビングは今年これが5本目。

Batfishes
この日はツバメウオが群れで見れました。

Scool of Yellowstripe Scad
いつもながらホソヒラアジの大群はきらきらしてきれいです。

Scool of Yellowstripe Scad
ホソヒラアジの群れ。少し寄ってます。

この日はバラクーダ系も当たってました。
タイワンカマス、オオカマスも群れに群れてました。

School of Blackfin Barracude
オオカマスの群れ。
密集度はタイワンカマス以上です。

この日のチュンポンピナクルの状態は今年一番良かったです。

posted by タイ駐在員一家 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ホワイトロックでのスキューバダイビング

ホワイトロックはナンユアン島とタオ島の間にある
タオ島周辺でも人気のダイビングポイントです。

今回のタオ島ダイビングクルーズ旅行では
初日と最終日の2本潜りました。

Pink Anemonefish
サンゴ地帯にはセンジュイソギンチャクに住む
ハナビラクマノミが沢山いました。

Eggs and Parents
ハナビラクマノミの卵を見つけました。
センジュイソギンチャクの下の岩にある
黒い粒がハナビラクマノミの卵。

Meeting Underwater
ホワイトロックにはゴマモンガラが住んでいます。
背びれが立っている時は気をつけてください。襲ってきます。

Yellow Shrimp Goby
砂地で見かけたギンガハゼの黄色個体。結構近くまで寄れます。

Butterflyfish
タオ島定番のツキチョウチョウウオ。

ホワイトロックは砂地ありサンゴありの万能ダイビングサイトです。
おすすめです。



posted by タイ駐在員一家 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月タオ島ダイビングクルーズ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。