2007年01月23日

エラワナ・センシュアル・リビング・スパ・リゾート・パタヤでの宿泊

エラワナ・センシュアル・リビングはジョムティエンビーチから結構奥に入っていてスクンビット通りに近いところにあります。回りにはタイ飯屋やバーなどもありますが、ジョムティエンビーチ通りに比べればすごく静かです。

Eravana Sensual Living今回当選した12000バーツの無料宿泊招待は「ピュア・スタイル・リビング・スパ・ビラ・ケーブ」タイプの部屋。各ゲストルームは部屋番号ではなく名前がついていました。泊まったビラの名前は「Falling in Love」、家族連れにはロマンチックすぎる部屋です。円形の1棟独立1階建のビラ形式の部屋に表にプールと裏にも庭がありました。エラワナ・センシュアル・リビング・スパ・リゾートでは各ゲストルームスペースが大人の背より高い板の塀で囲われており、完全なプライベートな空間を作り出しています。

Guest Room, Eravana Sensual Living部屋は円形のスペースを真ん中で仕切り、ベッドルームとバスルームを分けています。仕切りは天井までないのでベッドルームとバスルームで会話ができます。ベッドも円形の面白い形をしてました。マットは固めでしたが寝心地は悪くなかったです。ベッドルーム側には裏庭が見渡せるようにジャグジーバスが設置されてます。なんとも贅沢な設備です。
バスルーム側にはシャワー、トイレ、洗面所、クローゼット、セキュリティボックスが設置されてます。洗面所はオールガラス製でおしゃれな感じに仕上がってます。

Private Pool表側の庭にはプライベートとは思えないくらい大きく贅沢なプライベートプールがあります。プライベートプール付の部屋に泊まったことのない我が家の子供たちは大喜びで遊んでました。プールの周りはすのこのように板で覆われているので裸足で歩いても足の裏は痛くありませんでした。テーブル・サンベッドなどもありプライベート感たっぷり非日常を過ごせました。

エラワナ・センシュアル・リビング・スパ・リゾートのホテル内の様子

プールでたっぷり遊んだ後、ホテル敷地内を散策してみました。ホテル内の通路は板木でできていてリゾート感にあふれてます。通路の両側などホテル内はかなり緑が多いです。 共有のスイミングプールやジャグジーもあるようですが、タイルの色のせいかメンテナンスがされてないせいか、水が緑色っぽかったので泳ぎませんでした。プールの隣には大きな池があり池辺では牛も2匹飼われていました。全体的におしゃれなエラワナ・センシュアル・リビング・スパ・リゾートですが隠れがホテルのコンセプトのせいでしょうか宿泊客がすくないせいかすこし寂しい感じです。


むかっ(怒り) ジョムティエン旅行記
むかっ(怒り) エラワナ・センシュアル・リビング・スパ・リゾートでの宿泊
むかっ(怒り) 紅花での夕食
むかっ(怒り) ローヤル・ガーデン・プラザでの遊び
むかっ(怒り) ジョムティエン・ビーチの様子
むかっ(怒り) アンダーウォーター・ワールド・パタヤでのお魚鑑賞
むかっ(怒り) アウトレット・モール・パタヤでのショッピング


ご参考
エラワナセンシュアル・リビング・スパ・リゾート公式サイト
パタヤ・ジョムティエンのホテルが予約できるサイト
ジョムティエン・ビーチのホテルマップ


posted by タイ駐在員一家 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年1月パタヤ・ジョムティエン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31927445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。