2006年08月25日

チュンポンピナクルでのスキューバダイビング

タオ島滞在2日目は
午前、午後ボートダイブ。
午前の1本目はチュンポン・ピナクル。

人気のダイブポイントだけあって、
8時頃に到着したころには
ダイブボートであふれてました。

最近のここの見所は
体長2mほどのオグロメジロザメです。

Grey Reef Shark
根に住みついているらしく、
いつでも見られるようです。

Grey Reef Shark
この日は砂地で2匹見ました。
結構な迫力です。

オグロメジロザメ
ビデオでも撮りました。

Underwater at Koh Tao
魚の大群もよく見られます。

チュンポンピナクルでのダイビング
分かりにくいですが、
シェベロン・バラクーダの大群。

School of Yellowstripe Scad
ホソヒラアジの大群。
きらきら光る体色がきれいです。

チュンポン・ピナクルでのダイビング
根のトップ(水深15m)は
イソギンチャクで覆われています。
ここではハナビラクマノミがたくさんいます。

運が良いと赤色のきれいな
アカオビハナダイの雄や
ツバメウオのペア見られます。

Underwater at Koh Tao
この日は透明度15mほどでした。
プランクトンでしょうか?やたら浮遊物が多かったです。
ラベル:タオ島 タイ 旅行
posted by タイ駐在員一家 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年8月タオ島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。