2011年04月12日

チャトリウム・スイート・バンコク

のんびりリゾート気分を味わうために、大晦日に引き続きリバーサイドのホテルで2泊してきました。

宿泊したのは「チャトリウム・スイート・バンコク」。トリップアドバイザーでトラベラーズ チョイス アワード 2010 ベストバリューに選ばれているバンコクで今一番注目のホテルです。



ホテル予約サイト6社(エクスペディア Booking.com ホテルズドットコム HotelTravel.com agoda.jp Venere.com)を比較して一番安いHotelTravel.comで予約しました。広さ60m2のGrand suite city view(朝食つき)が3750Bバーツ(約10500円)/泊(税サ込み)でした。


チャトリウムスイートバンコクのフロントデスク

人が少ないのかシステムがしょぼいのか、チェックインでもチェックアウトでもひどく待たされました。

グランドスイートのリビング

グランドスートのベッドルーム

色々あって部屋はGrand Suite One-Bedroomのリバービューにアップグレードされました。新しいホテルだけあって部屋の設備は最高。

部屋からの眺め

チャオプラヤ川が一望、景色がすばらしかったです。1月1日の夜には花火も見れました。

スイミングプール

水が冷たかったです。サンベッドやパラソルの数が少ないので、早めに席を確保したほうが良いです。

朝食風景

朝食は1階のメインダイニング「リバーバージ」でとりました。外にテラス席もあります。

朝食ビュッフェ

大晦日に泊まった「ラマダ・プラザ・メナム・リバーサイド」よりちょっと豪華な朝食ビュッフェでした。料理の種類はそこそこあります。ワッフルがおすすめ。マンゴーはありません。

新しいホテルなのでファシリティ・設備は良いのです。ただしサービスは今一歩ですね。チェックインもチェックアウトも待たされるし、朝食は込んでいて席が取れなかったりと散々なサービスでした。

敷地内にセブンイレブンやATMもあり大変便利なホテルです。

事前の期待が高かったのでがっかりしましたが、三ツ星くらいの気持ちで泊まれば十分満足のいく滞在だったかなと思います。




posted by タイ駐在員一家 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年1月バンコク旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。