2006年12月14日

ホシゴンベ

顔に黒い小さな斑点が沢山あるゴンベの仲間。サンゴの間から顔だけだしてじっとしていることが多いです。

英語名:Forster's Hawkfish

Forster's Hawkfish
撮影地:ボン島ウェストリッジ(タイ)

掲載の写真はニコン COOLPIX S1で撮影、Googleの無料写真編集ソフト「Picasa」で編集しています。






posted by タイ駐在員一家 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの海水魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

テングカワハギ

緑色に黄色の斑点が綺麗でかわいいカワハギの仲間。タイでダイビングを再開して以来ずーっとテングカワハギ探していましたが、ようやくシミランで単独で泳いでいるテングカワハギを発見・撮影しました。思っていたより大分小さく、体長10cmないでしょう。結構すばしっこくて撮影が大変でした。シミランではレアとまではいきませんが、あまり見かけません。

英語名:Longnose Filefish

Longnose Filefish
撮影地:シミラン#8 ビーコンリーフ


掲載の写真はGoogleの無料写真編集ソフト「Picasa」で編集しています。







posted by タイ駐在員一家 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの海水魚図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

シミラン島#5アニタズリーフでのスキューバダイビング

シミラン諸島スリン諸島ダイビングクルーズの最後にシミラン島#5アニタズリーフで1ダイブ。

白い砂地にサンゴの根が点在しています。
Diver at Similan Islands, Thailand

スパゲッティイールが砂地からにょきにょき出てきてます。

タイ・シミラン島#7アニタズリーフでのスキューバダイビング2
タイ・シミラン島#7アニタズリーフでのスキューバダイビング2 posted from フォト蔵

Peacock Wrasse Juvenile
砂地でテンスの幼魚を発見。警戒すると直ぐに砂に隠れてしまうので寄るのが大変です。

安全停止に入るあたりでイソマグロが出てきました。
タイ・シミラン島#7アニタズリーフでのスキューバダイビング30
タイ・シミラン島#7アニタズリーフでのスキューバダイビング30 posted from フォト蔵





posted by タイ駐在員一家 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

シミラン島#7イーストオブエデンでのスキューバダイビング

最終日の朝一のダイビングはシミラン島#7イーストオブエデンでした。

いかにもシミランって感じのダイビングポイント。白の砂地のスロープにサンゴの根が点在して、根の周りに大量のスズメダイなどが乱舞していて、心が和みます。

East of Eden, Thailand
根の周りを舞うキンギョハナダイ、オレンジ色の体色が綺麗です。





posted by タイ駐在員一家 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミラン島#8ビーコンリーフでのスキューバダイビング

シミラン諸島はプーケットの北100km程にあるダイビングの聖地です。シミラン島#8ビーコンリーフでは三日目の4本目に潜りました。

白い砂地にサンゴの根が点在しています。気に入った根でマクロに遊ぶのがビーコンリーフの潜り方のようです。

Sapphire Damsel on Similan Islands
青く輝く体色が美しいクジャクスズメダイ。群れを見ているだけで癒されます。

Longnose Filefish
緑色に黄色の点がかわいいテングカワハギ。小さくてすばしっこくて撮影が大変でした。


posted by タイ駐在員一家 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

ボン島ウェストリッジでのスキューバダイビング

ボン島はスリン諸島とシミラン諸島との間にある小島。クルーズ三日目にウェストリッジで1本潜りました。

ちょっと深場にいってアケボノハゼを散策。

Purple Fire Goby
26mの砂地でアケボノハゼを発見。黄色と紫色のコントラストがきれい。

サンゴの間を良く見ると小物がいっぱい潜んでました。

Red Spotted Coral Crab
オオアカホシサンゴガニがサンゴの間に隠れてます。臆病物なので写真が撮りずらいです。

Leopard Blenny
セダカギンポも超臆病。すぐにサンゴの影に隠れちゃいます。

Leopard Blenny

Forster's Hawkfish
ホシゴンベも沢山いました。



posted by タイ駐在員一家 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

タチャイ島ツインピークスでのスキューバダイビング

タチャイ島はスリン諸島とシミラン諸島の間にある小島。ダイビングクルーズの三日目に2本潜りました。

タチャイ島は流れもありポイントで魚の群れがすごいです。ロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジ、キツネフエフキなどがぐちゃぐちゃに群れてました。

Coral Hawkfish at Similan Islands, Thailand
岩場にいたヒメゴンベ。流れを避けて岩陰で休んでいたときに見つけました。


posted by タイ駐在員一家 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリン島サウスでのナイトダイビング

シミラン諸島スリン諸島ダイビングクルーズの初日にナイトでスリン島サウス一本潜りました。

ナイトダイビングはやっぱり甲殻類。

Splendid Coral Crab at Surin Islands, Thailand
片手ぐらいの大きさのオオアカヒズメガニを発見。茹でてないのに赤くて美味しそうですが、有毒で食用にできません。

Giant Cuttlefish at Surin Islands, Thailand
コビシメも元気に泳いでました。

ナイトでは寝ている魚にも出会えます。

Sleepy!?
サンゴの間で寝ていたコクテンフグ。眠そうな顔がちょっと怖い。


posted by タイ駐在員一家 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リチェリューロックでのスキューバダイビング

初日と二日目に5本リチェリューロックでダイビングしました。リチェリューロックはスリン諸島から東に17kmの沖合いの外洋の隠れ根ポイント。

外洋のポイントなので流れがあります。その分回遊魚の群れがすごいです。ツムブリやカスミアジ、ギンガメアジが大量に群れてます。

ソフトコーラルもきれいで小物などもいますのでマクロ派もOK。

Coral
サンゴが色鮮やかでした。

インド洋固有種の魚もいっぱいいます。

Tomato Anemonefish
赤い体色が鮮やかなトマトアネモネフィッシュ。インド洋固有種。

Lined Surgeonfish at Similan Islands, Thailand
黄色と青色のストライプが綺麗なニジハギ。インド洋固有種。


posted by タイ駐在員一家 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

トリンラ島でのスキューバダイビング

今回のシミラン諸島スリン諸島ダイビングクルーズの最初のダイビングはスリンタイ島のすぐ南にあるトリンラ島でした。二日目と併せて2本ここで潜りました。

トリンラ島は枝サンゴの群生がすごいです。

Staghorn Coral and Fish School
これほど見事な枝サンゴの群生はラチャヤイ島以来です。その上を泳ぐ無数のスズメダイの群れもみごと。

見慣れているチョウチョウウオもここでは群れで見られました。

School of Butterflyfishes
チョウハンとトゲチョウチョウウオの群れ。

中層にも多くの魚が群れていて壮観です。

School of Barracuda, Surin Islands Thailand
イエローテイルバラクーダの群れ。

School of Yellow Band Fusilier, Surin Islands Thailand
イエローバンドフュージラーの群れ。

School of Shaded Batfish at Surin Islands, Thailand
ツバメウオと間違えやすいアカククリの群れ。アカククリは胸ビレが黒い。

アンダマン海の固有種の魚も沢山いました。

Andaman Rabbitfish, Thailand
アイゴの仲間のアンダマンラビットフィッシュ。アンダマン海の固有種。ペアでよくいます。

Andaman Butterflyfish, Thailand
アンダマン海固有種のアンダマンバタフライフィッシュのペア。



posted by タイ駐在員一家 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

シミラン諸島スリン諸島ダイビングクルーズ

今回のプーケット旅行もダイビングクルーズに参加です。今回はタイのダイビングの聖地シミラン諸島とスリン諸島へのダイビングクルーズ旅行です。

Similan Islands
抜けるように透明で青いシミランの海

簡単に旅行日程を紹介。
1日目 TGの最終便でバンコクからプーケット、プーケット空港からカオラックのタプラム港へ行き、クルーズ船に乗船、一路スリン諸島へ向かう。
2日目 スリン諸島でダイビング4本
3日目 スリン諸島でダイビング4本
4日目 タチャイ島、ボン島、シミラン諸島でダイビング4本
5日目 シミラン諸島でダイビング2本、タプラム港に帰港・下船、カオラック宿泊。
6日目 カオラックからプーケット空港、空路バンコクに帰着。

M/V Orange Blue
今回乗船したe-diveのMVオレンジブルー号

今回潜ったダイビングポイントを紹介。
トリンラ島 2本
リチェリューロック 5本
スリン島サウス ナイト 1本
タチャイ島ツインピークス 2本
ボン島ウェストリッジ 1本
シミラン島#8ビーコンリーフ 1本
シミラン島#7イーストオブエデン 1本
シミラン島#7アニタズリーフ 1本



posted by タイ駐在員一家 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年12月プーケット旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

2006年 最多ダイビングポイント ベスト3

残すところ2006年もあとちょっと、今年の最多ダイビングポイントをランキングします。

2006年のダイビング総本数は56本。

最多ダイビングエリア ベスト3

1位 タオ島エリア 24本

School of Yellowstripe Scad
2006年はクルーズ2回、タオ島ステイ1回の合計3回潜りに行きました。バンコクからのアクセスも空路、陸路(+海路)両方可能で便利なのでついつい潜りに行ってしまいます。

2位 ランタ島エリア 9本

Soft Coral at Hin Daeng
クルーズで1回潜りました。このエリアはソフトコーラルが色鮮やかです。クルーズじゃないとアクセスがちょっと不便かな。

3位 パタヤエリア 7本

Yellow Shrimp Goby
2006年は3回日帰りで潜りに行きました。バンコクから車で2時間、アクセス抜群。シーズンであれば透明度もそこそこ、レアもの結構います。


最多ダイビングポイント ベスト3

1位 チュンポンピナクル(タオ島) 5本

Grey Reef Shark
タオ島エリアのメインダイビングポイント。魚の群れはすごいです。クライマックスはグレイリーフシャークの群れ。ほとんど毎回見られます。

1位 ヒンデン(ランタ島エリア) 5本

Solander's Toby
ランタ島の南にある岩礁ポイント。魚もソフトコラールも色鮮やかです。

3位 リチェリューロック(スリン諸島エリア) 5本

Lined Surgeonfish
スリン諸島の東にある外洋の隠れ根ポイント。多分タイでジンベイザメを見れる確率の最も高いダイビングポイント。ギンガメアジなどの群れがダイナミック。

posted by タイ駐在員一家 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にマイベスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。